静岡産抹茶

静岡産抹茶

日本のお茶の約半分近くを生産する日本一のお茶生地、静岡県。
お茶はほぼ全域で生産され、各地域の自然環境を生かして煎茶、深蒸し茶、玉露、そして抹茶(碾茶)などが作られています。長い日照時間と温暖な気候によって栽培される高品質のお茶は、「静岡茶」ブランドとして高い評価をいただいており、実際、「おいしいお茶」として思い浮かぶ産地ブランドは?という調査においても、「静岡茶」は圧倒的なブランド力を誇っているのです。

「静岡茶」は、「宇治茶」と並び「日本2大茶」と称されることもあります。特に高級茶や抹茶としてのブランド力が高い宇治茶ですが、その品質では決して静岡も負けておりません。

古くは江戸時代の初め、徳川家康が駿府城に在城していた頃、宇治と並んで、地元静岡でも抹茶の原料である碾茶が作られており、駿府城に御用茶をおさめていました。お茶会が政治の場として大きな意味を持っていた当時、家康やその周囲の人々は地元産の抹茶も使っていたのですが、家康の死後、駿府の政治的な役割が衰えて抹茶の需要がなくなり、当地での抹茶づくりは、一時、絶えてしまったのです。

静岡抹茶は、京都「宇治」、福岡「八女」と並び全国にその名を知られる日本有数の玉露の産地である「朝比奈」を基点に、地域農業の再生・復興を目標に、抹茶(碾茶)の茶園づくりから始まったのです。何も分からないところからのスタートでしたが、現在では抹茶(碾茶)においても、国内三大産地のひとつにまで成長して参りました。長年にわたって築き上げてきた、生産者の方々との信頼関係こそが、静岡抹茶の品質を支えているのだと自負しております。

さらに、恵まれた自然による品質、生産者の方々との信頼関係だけではなく、現代に適合した生産管理や品質管理も、特長です。特に「食の安全・安心」が何よりも問われる現代、すべての茶葉を契約栽培化し、トレーサビリティ(生産履歴の管理・追跡)に対応した原料茶葉の生産体制を整えています。

清冽な水と自然環境に恵まれた山間にある、静岡県の玉露の産地として有名な「朝比奈」。前田園の抹茶の原料となる碾茶は、この玉露の産地「朝比奈」のある岡部町、藤枝市を中心に、静岡県下で生産されています。 碾茶づくりに熟練した生産農家とともに、土壌づくり、栽培方法、製造方法などを研究し、安心・安全で確かな高品質の抹茶を提供しています。

茶栽培に適した条件を持つ、山間部丘陵地帯は、良質な茶葉を育成します。前田園の抹茶原料茶葉は、静岡県下を流れる、朝比奈川・瀬戸川流域の山間部で主に栽培されております。例年、新芽が吹く4月頃、碾茶特有の被覆栽培が始まり、抹茶独特の香りと甘みが生み出されます。